2006年10月27日 (金)

平安時代のクリエーター。

読売新聞に載ってたんですが、
仏像マニアで知られるいとうせいこうさん
の視点です。ちなみにみうらじゅんさん
もマニアです。
200610270526000















記事の内容抜粋
「顔割れ続ける効果 現代風」
顔の割れたこの異様な像を作った仏師、そして、前例のない
こうした像を作ることを許したお寺など周囲の方々に、
脱帽する。
実現させたのは、まさに当時のクリエーターたちであり、
実に大胆なことをやりとげたもんだなぁ、と改めて思う。



なんか分からないけど、顔が開き続けている印象を
受けるそうです。
未熟なもんで、なんでこのような仏像を作ったのかは
想像できませんが、とにかく平安時代にすごい
クリエーターがいたんですねぇ。
ビックリです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月24日 (火)

このblogいけてます。

いや~参った。
世界は広いですね。

このブログで紹介されているアイデアはスゴイ!
http://www.ideaxidea.com/archives/2006/10/post_152.html

| | コメント (0) | トラックバック (1)